Sweet_Memory_2018-2019
45/212

申込番号10B-114 本体 ¥3,000 +消費税グレース シェニール織ミニハンカチタオルセットA● 20×20㎝● 箱寸法:17.8×13×2.5㎝ 40入 (化粧箱) A-A5 w 申込番号10B-115 本体 ¥4,000 +消費税グレース シェニール織ハンカチタオルセットC ● ミニハンカチタオル20×20㎝ ハンカチタオル30×30㎝● 箱寸法:22×17.3×3㎝ 30入 (化粧箱) A-B5 w 申込番号10B-116 本体 ¥5,000 +消費税グレース シェニール織ハンカチタオルセットD ● 30×30㎝● 箱寸法:22×17.3×3㎝ 30入 (化粧箱) A-B5 w TOWELヨーロッパの伝統と日本の技術力が成しえた新しい和の美古の時代から、碁盤目状の格子の目を色違いに並べた、世界中で愛され続けてきた幾何学模様の格子柄。江戸中期、歌舞伎人気俳優の佐野川市松がこの模様の袴を用いて以来、市松模様として広まったといわれ、日本人の感性によって粋な伝統柄となりました。シェニール織シェニール織は18世紀にその歴史の起源があり、イギリスのカーペットに活かされた技術方法でした。ドイツでその伝統を受け継いできたといわれています。一度織り上げた布を敢えて裁断し、再びタテ糸と織り上げる手法。そのクオリティーを保つことは至難の技ともいえる、稀にみる複雑な工程と技術力が必要とされている織り。その工程を伝承した、新潟県中魚沼郡津南町は日本有数の豪雪地帯であると共に、隣町の十日町を中心にした絣織りの伝統工芸に、その技術力を長く受け継いできた地域でもあります。不思議な偶然と出会いがそこに生まれたのです。シェニール織の最後の行程が、その機織り機と同じだったからです。ヨコ糸作りの数々の工程を日本の技術力で製作し、最後の工程をすべて手織り機で仕上げています。GRECEBRANDFrom: 新潟県NigataGRECE日本の美の匠ISSUES43このページの商品は在庫を必ずお問い合わせ下さい。

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る