Sweet_Memory_2020-2021
155/212

申込番号2F-480 本体 ¥5,000 +消費税九谷焼 縁起絵変り 豆皿揃 ●φ9.5×H1.8㎝●箱寸法:24.5×12.5×5.5㎝ 12入 (化粧箱) A-B5 w 申込番号2F-479 本体 ¥4,400 +消費税九谷焼 縁起絵変り 豆皿&おちょこセット ●小カップφ5.5×H5.3㎝ 豆皿φ9.5㎝●箱寸法:24.5×12.5×5.5㎝ 12入 (化粧箱) A-B5 w 石川県九谷村で陶石が発見されたのを機に、九谷の地で窯を築き、1655年頃に色絵の生産を始めた九谷焼。その後に焼成された古九谷は、力強い呉須の線描の上に、絵の具を厚く盛り上げるような方法で、華麗な色使いと大胆で斬新な図柄が特徴。約50年で姿を消すが、80年後、復興九谷の時代へ。数多くの窯が素晴らしい画風をつくりだし、今も各窯の作風を源流に、作陶が続けられています。加賀百万石文化の伝統と技術を受け継いだ美意識の継承F73このページの商品は在庫を必ずお問い合わせ下さい。

元のページ  ../index.html#155

このブックを見る